MENU
CONTACT

そもそも肩こりってなんなの?【麻布十番 パーソナルジム Dr.トレーニング】

こんにちは!

Dr.トレーニング麻布十番店の千葉です!!

 

今回は肩こりについて解説していきたいと思います。

肩こりで悩んでいるそこあなた!

肩こりってつらいですよね… 重だるい感じや頭痛などにもつながりますよね。

 

さて、みなさん肩こりについて詳しく知っていますか?

「肩の筋肉が硬くなって凝っているだけでしょ」なんて思っていませんか?

 

そこで今回は『肩こり』とはなんなのかという部分を詳しく説明していきます!

肩こりの概要

それでは肩こりの定義から説明していきます。

「後頭部から肩、および肩甲部にかけての筋肉の緊張を中心とする不快感、違和感、鈍痛などの症状、愁訴」

こちらが定義になります。簡単にいうと、後頭部や肩、肩甲骨周りの筋肉が硬くなることででる不快感や痛みなどの症状のことです。

肩こりは病名ではなく症状ということです。

 

平成28年度厚生労働省国民生活基礎調査によると、女性は訴える自覚症状の1位、男性は腰痛に次いで2位となっております。

それだけ多くの方が肩こりに悩まされているということです。

 

肩こりの分類

ここからは肩こりの分類について紹介していきます。

主に以下の3種類に分類されます。

・本態性肩こり
・症候性肩こり
・心因性肩こり

1つずつみていきましょう。

本態性肩こりとは

本態性肩こりとは、特別な病気などが見当たらないものを指します。第三者からみてわかるものではなく、自覚症状がメインになります。

これを引き起こす要因としては、運動不足、不良姿勢、疲労、寒さ、ストレスなどがあげられます。

症候性かたこりとは

症候性肩こりとは原因になる疾患がわかっているものです。

これらが該当します。

・頚椎疾患、胸郭出口症候群
・内科疾患
・眼科疾患
・耳鼻科疾患
・歯科関連(噛み合わせ不良、顎関節症)

心因性肩こりとは

心因性肩こりとは精神的・心理的なことが理由で起こるものです。不安や緊張、ストレスなどで起こりやすいです。

 

本態性肩こりと心因性肩こりのメカニズムとは?

これら2つには共通する点があります。それは「交感神経が緊張しやすい」ということです。

先ほど本態性肩こりで挙げた要因や精神的ストレスは、交感神経が緊張しやすい状態となります。

さまざまな要因→交感神経緊張→血流が悪くなる→コリや痛み物質がでる

↑このようなメカニズムになっています。

 

肩こりを改善するためには

肩こりを解消するためのポイントは2つです。

・リラックスして副交感神経を優位にする
・血流を改善させる

今回は血流を改善させるためのおすすめエクササイズを紹介していきます。

肩こりの原因である僧帽筋を動かすエクササイズです。

シュラッグ

肩の上げ下げを繰り返すことで、血流がよくなり、コリや痛みの改善につながります。

回数は10回2〜3セットがおすすめです。ダンベルやペットボトルなどがあると、より筋肉が使われ血流がよくなりやすいです。

 

まとめ

今回は肩こりについて詳しく解説していきました。

・肩こりは病名ではなく症状である
・症候性、本態性、心因性の3つに分けられる。
・交感神経が緊張し血流が悪くなることでコリや痛みにつながる

これらがまとめになります。

症候性肩こりでは、先ほど挙げたような疾患も考えられるため、もし心配であれば医療機関やかかりつけ医に診てもらうことをおすすめします。

 

関連記事↓
肩こりの人は前鋸筋を鍛えた方がいい?

 

インスタグラムもやっているのでぜひご覧ください!

Dr.トレーニング麻布十番店インスタグラム↓
https://instagram.com/azabujuban_drtraining?igshid=6xep3o3c6rhi

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP