MENU
CONTACT

リアライメントの重要性〜綺麗な姿勢でトレーニングをするために必要なこと〜

こんにちは!

Dr.トレーニング麻布十番店の大金です!

 

今回は、トレーニングをする上で絶対に欠かすことができないことについてお伝えしていきます。

それは、リアライメントです。

この内容は、ボディメイク、ダイエット、筋肥大、リハビリ、健康増進などなど全ての目的において必要になります!

 

結論 身体の機能を最大限高めるため

私たちは、職業やライフスタイルなどは人それぞれ違いますが、絶対に同じことがあります。

それは、ヒトという動物であるということです。

 

これがどういうことかというと、

本来は、木に登ったり、走ったり、泳いだり。

こういったことをするために進化をしてきています。

 

近年はテクノロジーの発達に伴い、視覚情報への依存度がかなり高まっており、それ以外の触覚などの感覚は使われる機会が減っています。

 

リアライメントとは?

ここでリアライメントについて説明します。

まずアライメントが、私たちの姿勢のことになります。

骨の配列のことになり、アライメント不良というと猫背や反り腰などになっていると考えてください。

 

この状態が長く続くとどうなるのか?

それは、本来のポジションから骨がずれていることにより、骨や関節に対して適切な圧がかからなくなってしまい、痛みの原因になります。

また、骨には筋肉が付着しているため、骨の位置がずれることにより、筋肉が発揮する力にも影響を及ぼすと覚えてください。

これが左右差の原因になっていきます。

 

頭部は姿勢を制御する

頭部の位置は、私たちの姿勢を制御する上でとても大切になります。

なぜなら、頭部には視覚や前庭覚を司る器官が存在しています。

 

簡単に説明すると、

なんらかの原因によって、頭部の位置がずれると、目の位置もどちらか一方が高くなります。

すると、視界が斜めになります。

それに伴い、身体を整えようとする結果、脊柱が歪んでしまうのです。

 

脊柱が歪めば、椎間(上下の背骨の間のこと)が狭くなることで、ヘルニアや分離症の原因にもなり得ます。

しかし、

 

原因は頭部にあることは少ない

ここで大切なこととしては、頭部の位置がずれていたとしてもその原因は頭部にはないということです。

私たちの身体は骨が繋がってできてるため、運動連鎖というものを起こします。

骨盤を後傾すると、背中も丸くなるといったようなことです。

 

つまり、他の関節や筋肉に問題があることで、歪みが生じている可能性が高いです。

おおよそ、立位で左右差が出ている場合には、足首や股関節等に問題がある場合が多いです。

なぜなら、立っているときに床に触れているのは、足底だけで、その影響を1番大きく受けるのが、股関節だからです。

 

どうやってアライメントを整えるのか?

では、どうすれば自分の姿勢を正すことができるのか?

 

  • 姿勢分析ができるトレーナーに見てもらう
  • 解剖学や姿勢分析について勉強する

こういった方法が考えられます。

僕なら前者を圧倒的にお勧めしますね笑

 

身体の機能を最大限高める

1番最初の話に戻りますが、私たちは本来身体を動かすために進化してきました。

それが、普段の生活の中で歪みが生じています。

 

その状態でトレーニングをしても、その歪みを悪化することしかないです。

そのため、まずはリアライメントをしてからトレーニングを行うことで、身体の機能を最大限高めます。

トレーニング中には、その整った状態を脳にインプットさせることで、その状態を長く続けることができます。

 

そして、筋肉やアライメントは、内臓とももちろん関わりがあるため、身体のパフォーマンスを高めることにつながるのです。

いくら筋肉があっても、いくら体重が軽くても、健康でなければ意味がありませんよね?

 

Dr.トレーニングでは一瞬ではなく一生モノの身体づくりをしたいと思っている方を応援しています。

筋肉を付けるつけない以前に、健康であるか?

これが最も大切なことです。

 

ご自身の姿勢が気になる方は、ぜひ体験トレーニングを実施中ですので、お気軽にご連絡ください!

今回もありがとうございました!

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP