MENU
CONTACT

麻布十番でフットボールのパフォーマンスアップ⚽️🏉🏈 【クイックネス編】

こんにちは!

Dr.トレーニング麻布十番店の増田和征です。

麻布十番でパーソナルトレーニングをご検討中の方は、

是非お気軽にご相談ください!

今回のテーマは

フットボールのパフォーマンスアップ 【クイックネス編】⚽️🏉🏈

で書いていきたいと思います。

 

今回はSAQの中のQ=Quicknessについて書いていきたいと思います!

 

Quicknessとは

「刺激に反応して素早く動き出す能力」のことをいいます。

刺激というと少しわかりにくいですが、例えば

 

❶「よーいスタート!」の声が聞こえたらで走り出す。味方の声のする方向へパスを出す。

→この場合「よーいスタート!」という声。味方からの声。つまり聴覚からの情報刺激に反応します。

 

❷相手が右に動いたから反応して逆をつく。ボールの落下点に素早く入る。

→相手の動き。ボールの動き。つまり視覚からの情報刺激に反応します。

 

❶ ❷のように スポーツには刺激がつきものです。

特にフットボールでは絶えず状況が変わり続けるので、特に重要な能力といえるでしょう。

 

どうすれば鍛えられる??

ジムのトレーニングは単調なトレーニングになりがちです。

スクワットをとっても、基本的にその場から動くことはなく、しゃがむ→立つ この動作の繰り返しです。

でも少し工夫をすることでクイックネスを高めるトレーニングになります。

 

5F5280A3-AB50-4B25-905F-18BCF1C3F759

 

例えば上記の動画のようなスクワットを「手拍子が聞こえたら挙げる」または「手がグー✊からぱー✋に変わったら挙げる」

のように刺激に対して反応するルールを設定することで、クイックネスのトレーニングになります。

 

グラウンドでやった方がいいんじゃないの??

 

もちろんグラウンドレベルで

「1対1の抜き合いをする」「実戦形式のミニゲームを行う」

などの方法はもっとも競技特異的にクイックネスを伸ばす方法です。

 

ただ、芝生や人工芝のようなサーフェイス上でスパイクを履いて、上記の様な練習を繰り返せば、膝や足首の腱・靱帯に大きな負担がかかるので、怪我のリスクが大きく上がります。

 

インディビジュアルトレーニングで取り入れるとして、全力で行えるのは精々20分〜30分ほどではないでしょうか。

 

またトレーニングには3つの原理と5つ原則があります。

そのなかには「特異性の原理=鍛えたところが強くなる(ラグビーの練習をすればラグビーのスキルが上達する)」というものもあり、もちろん非常に大事ですが

「全面性の原則=全身・機能をバランスよく鍛えましょう」というものもあります。

 

なので、動画ののスクワットや、コアスタビリティートレーニングのような様々な姿勢やトレーニングで、反応を鍛えることも重要なのです!

 

総合的に考えると、グラウンドレベル・ジムレベルの両方でクイックネストレーニングを取り入れた方が、パフォーマンスは大きく向上します!

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

一般的にSAQ能力は、グラウンドレベルのラダードリルや、実戦形式の練習で鍛えられると考えられていると思います。

実際正しいですし、十分に向上が見込めると思います!

 

ただ最後でも述べた通り、グラウンドレベルでは怪我がつきものです。

しかし、ジムでは余程無茶をしない限りは、怪我をするリスクをかなり低く抑えることができます。

 

怪我をすることで全てがダメになるわけではないですが、練習を長期離脱することになってしまった場合

スキルを向上させることは難しいですし、メンタル的にも不安になりますので、もったいない時間を過ごすことになります。

全てはバランスが大切です。

 

自分の身体としっかり向き合って、コツコツとパフォーマンスを上げていきましょう!!

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP