MENU
CONTACT

食欲を抑えるためには?〜パーソナルトレーナーが教える食欲と空腹感の違いについて〜

こんにちはー!

Dr.トレーニング麻布十番店、大金です!

1月よりボディメイクのための増量を行っておりますが、見た目もしっかりと変わってきています!

 

トレーニングと栄養は切っても切り離すことができない関係です。

ダイエットや減量をする時に1番の敵になるのが

 

食欲

ですよね。

口が寂しいから気づくと何かを食べてしまっている。。

お腹が空いていると寝付けないから、夜遅い時間に食べてしまう。。。

 

こういう方は見ていても非常に多いです。

 

今回は食欲と空腹感の違いについてお話をしていきます!

これを知れば、食欲を抑えてダイエットも成功できるはずです!

 

結論:お腹がすくから食欲がわくわけではない

空腹感は、身体の機能的な問題により感じる生理的反応です。

つまり、根本的にはどうしようもないものが空腹感です。

 

空腹感を感じるポイントは、

  • 胃の収縮
  • 血糖値の低下
  • 血中遊離脂肪酸の増加

 

食べ物を食べていないから、胃が収縮する。血糖値が低下する。

そして、脂肪細胞が分解され遊離脂肪酸濃度が高まります。

これらが起こることで空腹感を感じます。

 

一方で、食欲とはある特定の食材を食べたいという欲望です。

食欲とは自らの快感を満たすための摂食行動で、空腹感とは必ずしも一致しないことがあります。

 

食欲を満たすための食事はNG

食欲とは言ってしまえば、自らの欲求を満たすためのエゴにすぎませんので、これをいかにコントロールしていくかがとても大切ですね!

 

この後からは自分を自分で律する方法であるセルフコントロールについてお話をしていきます!

少しでも参考になれば幸いです。

 

セルフコントロール

欲求を満たす

私たちの根本は、3大欲求と呼ばれる、食欲・性欲・睡眠欲からなっています。

これが満たされないことには、自制心をもったり、他の人に優しくすることは難しいですよね。

 

自分が溺れそうな時には他の人を助けることはできない

 

まずは自分の状態を整えることを僕は意識をしています。

実際に、3大欲求を考えてみてどこが足りていないのかを確認します。

性欲と睡眠欲を満たすことができれば、ある程度の食欲のコントロールにつながりますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

正しい動機付けを持つ

正しい動機付けと言っても正直、僕はなんでもいいと思います。

カッコよく・可愛く・きれいになりたいから。

モテたいから←実は結構多いです笑

健康になりたいから

痛みを無くしたいから

ゴルフのパフォーマンスを上げたいから

 

なんでもいいです!

まずは自分自身と向き合って、なぜやるのかを考える時間を最初に取ることは大切です。

 

環境設定

これも結構おすすめです!

夜、お菓子を食べてしまうのであれば、そもそもお菓子を買わない!

お茶碗山盛りで食べてしまうのであれば、お茶碗を小さいものに買い直す。

などなど

 

環境を変えることで、強制的に行動を変えることができます。

最初は抵抗感があり、かなりストレスを感じるかも知れません。

しかし、続けることで人には良くも悪くも慣れが生じます。

 

いい習慣を身につけたら最強ですね!

 

僕も何かを学ばないと寝れないという環境設定をしています笑

ぜひみなさんも環境から変えてみませんか?

 

もちろん、パーソナルトレーニングも環境を変えるという点においてはかなり強いツールだと思っています。

ぜひうまくご活用ください!

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP