MENU
CONTACT

朝起きれない人必見!!〜睡眠ホルモンと睡眠時間〜

こんにちは!

最近、ボイストレーニングの体験に行って鼻腔共鳴を習いました。

プラスして腹式呼吸も教えてもらったので、声がかっこよくなりたい大金です!

 

1月も残りが少なくなってきましたが、まだまだ朝晩は冷えますね。。。

・朝が起きれない

・寒くてなかなか寝付けない。

・仕事が忙しい。

 

多くの人が十分な睡眠を取ることができていないというデータも出ています。

 

今回は睡眠時間を確保しなければならないメリットについてご紹介します!

これを読んだらすぐに寝たくなるかもしれません(笑)

 

今回のキーワードは、睡眠ホルモン

無料写真] ベッドで眠っているイタリア人女性 - パブリックドメインQ ...

睡眠ホルモンはその名の通り、分泌されることで眠たくなるホルモンです。

睡眠ホルモンとして、メラトニンというホルモンがあります!

 

そのため、このメラトニンがしっかりと分泌され、

深い眠りにつくことができれば、疲れもとれ朝はすっきり目覚められるはず!!

 

こういうことですね!

 

では、メラトニンを分泌する方法についてみていきましょう!!

これで明日から快眠Life!!!

 

朝は日光と共に起きるべし

フリー写真] 雲海と朝日を眺める男性の後ろ姿でアハ体験 - GAHAG ...

 

写真のような朝日で起きられたら最高ですね(笑)

ではなぜ朝日と共に起きると良いのか?

 

それは、メラトニンの分泌と体内時計が関わっています。

朝、太陽光を浴びると私たちの体内時計は一度リセットされるようにできています。

 

すると、睡眠ホルモンであるメラトニンは分泌が一度ストップしてしまいます。

朝は元気に活動し始めるので、メラトニンは不要です!

 

そして、一定時間が経過するとメラトニンの分泌が再開し、十分生成されていくと

眠くなるという仕組みになっています。

 

ここで大事なポイントがあります。

それは、

朝起きてから16時間後に眠る

これです!

 

朝日を浴びて生成がストップしたメラトニンですが、

16時間経過すると再び分泌されるようになるのです!

 

つまり、24時に寝ようと思ったら、8時には朝日を浴びる!!

これが鉄則です!

 

就寝前の携帯、テレビはできるだけ控える

ながらスマホの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

 

これは、よく言われますよね。

特にスマートフォンなどから発するブルーライトは、脳を刺激してしまい、熟睡を妨げます。

そして、メラトニンの分泌も妨げるため、就寝1時間前に携帯をいじるのはNGです!

 

朝!タンパク質を摂取する!

無料写真] 和食の朝ごはん - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

これも結構重要ポイントです!

睡眠ホルモンのメラトニンの材料は、タンパク質です!

そして、食べてもすぐにできるわけではないので、朝!タンパク質を摂取することが大切です。

 

おすすめとしては、

大豆製品(納豆、豆腐)、卵料理、焼き魚など、日本料理を中心として食べることができると

とてもバランスがいいですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

朝目覚めをよくするためには、メラトニンの分泌が欠かせません。

 

ポイントをまとめると、

  • 朝、日光をあびる(できれば10分)
  • 就寝1時間前にはスマホを使わない
  • 朝食に焼き魚、豆腐、卵を食べる!

 

これを意識したら絶対に朝起きられるようになるはずです!

 

睡眠と運動についてはこちら↓

ダイエット成功のカギは睡眠!? (麻布十番 パーソナルトレーニング)

 

また、運動をすることももちろん大切です。

身体を動かすことは、自律神経の調整を行い、夜リラックスする効果が高まります。

 

もっと、睡眠について知りたい!

身体のことを知りたい!

トレーニングで追い込んで欲しい!

 

どしどし体験お待ちしております!

お気軽にお問い合わせください!

 

Dr.トレーニング

大金聡

 

スクール講師

パフォーマンスアップ事業部

マタニティ事業部

NSCA-CSCS

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP