MENU
CONTACT

呼吸をここまで知って欲しい!

 

こんにちは!

Dr.トレーニング麻布十番店、コーヒーは1日1杯までと決めている大金です!

 

それ以上飲むと、気分が悪くなります(笑)

 

今回は、この記事の続きになります。

トレーニングで呼吸を意識して!って言われるけどなんで?

 

まだ読まれていない方はぜひこちらの記事もご覧になってくださいね😊

今回はさらに毎日している呼吸について全然知らないことが多いのでご紹介していきますね!

 

毎日2万回も行うからこそ、質を高めることで生活のパフォーマンスを向上させることができます!

 

まずは実際に正しい呼吸をしてみよう!

普段呼吸できていますか?(笑)

正しい呼吸というのは、前回の記事でも書いているように

 

横隔膜が上下に動いている状態

 

そのためには、口呼吸ではなく鼻呼吸をすることが重要になっていきます!

まずは、自分が何秒で息を吸って、何秒で息を吐いているかを測ってみましょう!

 

測ってみましたか?

 

呼吸だと息を吸うことばかりに意識がいきやすいため、

多くの人が吸気時間と呼気時間の割合が1:1ほどかもしれません。

 

大切なのは、10秒ほどゆっくりかけて息を吐き出すということです。

 

呼吸の練習

①仰向けで膝を立てて寝る

②お腹と胸に手のひらをつける

③息を吐き出し、3秒ほどで息を鼻から吸い込む。

④8〜1o秒かけて息を吐く。その時に胸とお腹に置いた手が下がっていくことを確認する。

⑤息を吐き切ったら、3秒息をとめる。

 

これを10回ほど繰り返す。

寝る前に行うだけで、肋骨が正しいポジションに戻り、腹圧が高まり、回復も早くなりますよ!

 

横隔膜の動きを意識する

ではなぜこのような呼吸を意識することがいいのでしょうか?

何度もお伝えしているように呼吸とは横隔膜の動きになります。

そのため、横隔膜の動きが悪くなってしまうと呼吸が浅くなってしまう原因となります。

 

例えば、1〜10の出力の幅がある時に常に7で頑張っているとします。

すると7の状態がこの人の普通なので、それよりも低い出力をコントロールすることが難しくなってしまい、

7〜10の幅でしか身体を動かすことができなくなってしまいます。

 

これは燃費が悪い車と同じです。

 

呼吸も同じようなことが言えて、常に呼吸が浅くなっていると横隔膜が過緊張してしまい、動く幅が狭くなってしまいます。

1〜10の幅で動くようにしていくことでその下にある内臓などへも適切な刺激が届き、全身のバランスが整いやすくなるのです!

 

腹筋だけしている人は要注意?!

腹直筋を鍛えるためには、クランチ動作、いわゆる上体起こしを行う方が多いと思います。

腹直筋は腹部の前面にある筋肉で、ここばかり鍛えすぎてしまうと呼吸をした時にも力が入りやすくなります。

 

本来、呼吸をする時には風船のようにお腹は360°広がるような状態が理想です。

しかし、腹直筋ばかりを使いすぎてお腹を固めてしまうと、動きが出なくなってしまいます。

 

呼吸には、腹直筋以外に、腹斜筋や腹横筋といった筋肉も使われます。

そのため、トレーニングにおいてはこれらの筋肉へのアプローチも大切だと考えます。

 

偏っているのが悪いのではなく、どちらかの動きしかできないことが良くない

Dr.トレーニングではニュートラリティーという言葉を使いいます。

これは身体の真ん中の状態を知っていて、全可動域を動かすことができる状態です。

 

例えば、モデルさんは極端な反り腰をしている人が多いですよね。

それを真似して反り腰を目指す女性も多いです。

しかし続けていると・・・腰を痛めてしまうかもしれません。

 

でも、腰を痛めない人もいる。

この違いは何でしょうか?

 

一つとして考えられるのは、ニュートラリティーを獲得していること。

 

反り腰とは骨盤が前傾している状態ですが、骨盤を前傾にしか動かせないと腰部への負担は大きくなってしまいます。

しかし、骨盤を後傾する動きもできれば、その中間で良いバランスを取ることができます。

 

これは、呼吸でも同じで、浅い呼吸が悪いのではなく、深い呼吸ができないことに問題があるのです。

なぜなら力が入る時には呼吸は浅くなるものですから。

 

このあたりを考えてトレーニングもできると怪我も少なく、お身体を変えていくことができますよね!

 

Dr.トレーニングでは、様々なエビデンスに基づくアプローチをしていきます。

パーソナルジム がたくさんある中で、あなたは何にプライオリティーをおきますか?

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP