MENU
CONTACT

夏バテはなぜするのか?〜パーソナルトレーナー実践!夏バテの原因を知って予防する方法!〜

こんにちは!

Dr.トレーニング麻布十番店、やっぱりお寿司が大好きな大金です!

 

6月ももう直ぐ終わりますが、かなり梅雨らしくなってきましたね。

雨が降る日も多く、かなりジメジメした日が続いています。

夜も寝苦しく、すでに体調を崩している方もいるでしょうか。

 

今年の8月・9月は平年よりも暑いという、予報が気象庁からも出ていました。

夏になると、夏バテしてしまう・・・

という方もいると思います。

 

今回は、夏バテの原因を知って、対策をしていきたいと思います!

 

夏バテの原因①〜食生活の乱れ〜

1つ目に食生活の乱れがあります。

 

暑くなると、それだけで体力を消耗してしまい、食欲不振になってしまったり、

汗をかきミネラルが失われると、消化液の分泌も悪くなってしまいます。

すると、さらに不足しているエネルギーを摂取しようとして、糖質ばっかり食べてしまうと

バランスが悪くなってしまいます。

 

具体的には、糖質を代謝するためにはビタミンB群が必要になります。

食生活が偏り、糖質や脂質を中心にとってしまうと、せっかく食べたものが身体の中で使われなくなってしまうのです。

 

ビタミンBを豊富に含む食材!

それでは、ご飯と一緒に食べたい食材をご紹介します!

 

まずはうなぎ!

土用の丑の日で食べられるうなぎですが、ビタミンB1を豊富に含み、糖質の代謝を助けてくれます!

先人たちがこの時期に食べるようになったのには、理由があったのですね。

 

豚肉

ビタミンBは水溶性ビタミンと言われており、体内で必要のない分は尿として排出されます。

そのため、ある程度はしっかりと摂取しても問題ありません!

 

レバー類

鳥レバーや豚・牛レバーなどにはビタミンBが豊富に含まれます。

また、レバーには鉄分も多く含まれることから、汗をかき失われた鉄分を摂取するにも効果的です!

女性は男性に比べ、貧血になりやすいですから、女性こそ積極的にレバーなどを摂取して夏バテ予防しましょう!

 

かつおやまぐろ

かつおやまぐろなどにはビタミンB6が含まれます。

ビタミンB6はたんぱく質を代謝する際に必要になる栄養素で、かつおやまぐろなどは脂質も少ないです。

体力が落ち、消化能力が低下すると、脂質の消化・吸収にはエネルギーを使いやすいため、魚介などの低脂質で高タンパク食品はかなりおすすめです!

 

水分ももちろん大事

これらの栄養素を身体中に運ぶ役割をするのが血液になります。

水分が体から失われると、血液がドロドロになり栄養素の輸送がうまく行われなくなってしまいます。

 

特に注意が必要なのは睡眠時です。

寝ている間には500ml〜600mlほどの水分が失われると言われています。

朝起きて、水分が不足している状態だと、朝ごはんを食べてもエネルギーがうまく供給されずに、

元気が出ないと言うことになってしまいます。

 

そのため、寝る前にコップ1杯の水。

起きてすぐにコップ1杯の水を飲むようにするだけで、身体が栄養を補給できる状態にすることができます。

 

夏は汗をかくため、ミネラルも失われます。

水だけではなく、バランス良く食事を取ることにより夏バテ防止になります!

 

Dr.トレーニング麻布十番店では、トレーニング指導・食事指導を行っております。

身体の中身は一人一人異なります。

だからこそパーソナルトレーニングを受けてみませんか?

無料カウンセリング実施中です!

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP