MENU
CONTACT

太りにくい炭水化物②(パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング 麻布十番)

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング麻布十番店

増田和征です。

今回は前回の私の回でお話した太りにくい炭水化物の続きを書いていきたいと思います。

前回は具体的にどのような炭水化物が太りにくいのかその食品についてあげていきました。

今回はではなぜ太りにくいのか、その3つのポイントについて具体的にお話ししていきたいと思います!

①多糖類の炭水化物

②精製されていない炭水化物

③日本人にとって慣れた炭水化物

今回は①多糖類の炭水化物についてお話ししていきます。

そもそも炭水化物に種類があるの?

そうなんです。実は一言で炭水化物と言っても大きくは3つに分類されます。

⑴単糖類:ブドウ糖 果糖
→⑵⑶に分解されてブドウ糖となる/果物(果糖)

⑵二糖類:ショ糖・乳糖・麦芽糖・オリゴ糖
→砂糖(ショ糖)/乳製品(乳糖)/ビール(麦芽糖)/大豆・ネギ・バナナなど(オリゴ糖)

⑶多糖類:デンプン グリコーゲン
→穀物/芋類(デンプン)/馬肉(グリコーゲン)

その中で多糖類がいい理由は?

わかりやすい2つをピックアップしました!

①満腹感の違い

ご存知の通り甘いお菓子(クッキー/ケーキ/大福)には多量の砂糖が使用されていますので、糖分の過剰摂取になりやすく、使われない分については脂肪になるということも原因の一つです。

対して多糖類(特にデンプン)には食物繊維が多く含まれていますので、消化がゆっくりと進みます。
また食物繊維の分、量が多くなりますので満腹感が高く、食べ過ぎを防ぐことができます。

②吸収経路の違い

多糖類は先ほど出てきた食物繊維が含まれている関係で消化が遅いです、そのためブドウ糖に分解された後
血中へ少しずつ糖分が流れていくため、長い時間に渡ってエネルギーとして使用することができます。
そのため余るエネルギーが少ないため脂肪に変換されづらいのです。

対して二糖類は、吸収が早く、血中へ糖分が一気に流れ出ます。
そのため流れ出た糖分を血中にある間に使い切ることができず、余りが多く出るため
より多くの脂肪を蓄えてしまうという結果になりやすいのです。

 

以上です!

次回も引き続き炭水化物について書いていきます!

ぜひ積極的に多糖類を選んでいきましょう!

それではまた次回👋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

麻布十番店では、パーソナルトレーニングだけではなく会社の同僚、友人同士など1対複数のトレーニングも行います。

内容も健康増進、ダイエット、筋肥大、スポーツ競技のパフォーマンスアップ、マタニティー

運動が苦手な方も多くご来店いただいています。

みなさんぜひ、一瞬ではなく、一生モノの身体を目指しましょう!

Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5
decimo AZABU 1F/B1
>メールでのお問い合わせはこちら


Dr.
トレーニング麻布十番店 増田和征

NSCA CSCS (全米S&C協会認定 ストレングス&コンディショニング スペシャリスト)

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP