MENU
CONTACT

アルコールで失われる栄養素

こんにちは!

麻布十番店の齋藤です。

 

 

 

 

 

 

年末年始などでお酒を飲む機会が多くなると思いますので今回はアルコールについてお話していきます。

 

 

飲みすぎてしまうと脂肪が付きやすい身体に、、、

 

肝機能障害などなりやすいです。。。

 

 

 

 

アルコール代謝と亜鉛とビタミンA

 

 

お酒に含まれるアルコールはほとんどがエタノールという種類です。

 

では、エタノールが解毒されるときどう代謝するのか?

 

 

エタノール→アセトアルデヒド→酢酸

 

 

ADHはエタノールよりも基質としてビタミンAを好んでいるがアルコール中毒のレベルになってしまうとビタミンA代謝が競合的に阻害されてしまいます。同様に毒性アルデヒトの代謝量が多ければビタミンA代謝を阻害してしまいます。

 

 

アルコールによる副作用とは?

 

 

・NAD+/NADH比の低下

・アセトアルデヒド形成

・ミトコンドリアの損傷

・サイトカイン形成

・低酸素

・免疫作用への影響

・酸化ストレス

 

 

 

アルコールによる亜鉛への影響

 

 

 

亜鉛欠乏は、アルコール摂取量の多い人で頻繁に観察され、目や鼻、口の周りの隆起したかさぶたの皮膚病変に至るまでアルコール依存症の多くの症状として現れます。

 

アルコールをよく飲む人は亜鉛不足や亜鉛欠乏になりやすいので代謝に影響を与えてしまいますので十分に注意してください。

 

 

 

 

アルコールによるマグネシウムへの影響

 

 

 

アルコールはマグネシウムの尿排泄に強力に作用し、またアルコール飲料の慢性摂取とその依存症により、マグネシウムの体内貯蔵が枯渇する。

 

 

 

アルコールによるビタミンB1への影響

 

 

アルコールは、チアミン(B1)濃度を急速に低下させます。アルコールはチアミンの吸収、貯蔵、活性化、排泄に影響を与える。

 

こういったビタミンB群にも影響があります。

 

 

 

アルコールの飲料前後に意識する栄養素

 

 

・炭水化物

・亜鉛

・マグネシウム

・ビタミンB1

・ナイアシン

・ビタミンC

・ビタミンA

・EPA、DHA

 

 

炭水化物は意外かもしれませんがアルコールを多量に摂取することで低血糖になりやすいためです。

 

また、アルコールの解毒には炭水化物(糖)が必要ということが分かっています。

 

 

もしアルコールを飲む機会などありましたらこれらを参考に摂って頂ければと思います。

 

 

忘年会シーズンは飲みすぎ注意です笑

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

また、少しでも読んでいただいた皆さんの役に立てたら嬉しいです!

 

トレーニングなどに興味を少しでもお持ちの方はDr.トレーニング麻布十番店へお越し下さい!!

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

〒106-0045

東京都港区麻布十番3-7-5

decimo AZABU 1F/B1

>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
Dr.トレーニング麻布十番店 齋藤聖弥

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP