MENU
CONTACT

片頭痛について

こんにちは!

麻布十番店の齋藤です。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、片頭痛についてお話します。

 

 

世界人口の12〜15%の人が片頭痛と言われています。

また、日本では4人に1人が片頭痛です。

 

 

片頭痛を強めてしまう環境要因

 

 

・気圧の変化(低気圧)

・気温の変化

・高い湿度

・光、音、匂い

・乾燥した状態

など

 

 

片頭痛を後押しする可能性があるもの

 

・カフェイン

・赤ワイン、アルコール

・人工甘味料

・乳製品

・グルタミン酸塩

・チラミン(主に乳製品、チョコレートに含まれる)

・揚げ物や油の摂りすぎ

・チョコレート

・口呼吸

・加工肉

・絶食

 

など

 

 

わずかな気圧の変化でも片頭痛を起こす

 

東海大学の研究では、僅かな気圧の変化でも片頭痛もちの人に頻繁に片頭痛を誘発することを見出しています。

 

気をつけたい点として片頭痛もちの方は、天気予報や天気アプリで気圧など確認できるため事前に対策をしていきましょう!

 

 

気圧変化と片頭痛のメカニズム

 

 

気圧の僅かな低下

脳の血管の拡張(膨張)

血小板からセロトニンの放出

血管収縮(セロトニンの作用)

セロトニンの減少

脳血管の急速な拡張により片頭痛が起こる

 

 

 

片頭痛もちの4分の3が女性です。

 

女性に片頭痛が多いのは、エストロゲンが末梢血管を広げる作用があります。

 

また、生理中に頭痛が多いのは、このエストロゲンが減少するがそれに伴いセロトニンも減少してしまうため血管収縮が弱まり、血管が広がるためです。

 

 

片頭痛を予防する栄養素

 

・マグネシウム

・ビタミンB2

・カルニチン

・α-リポ酸

 

 

片頭痛とマグネシウム

 

片頭痛患者では血清、脳脊髄液、脳組織のそれぞれのマグネシウム値が低いです。しかし、全員ではありません。マグネシウムの血清を見ても正常の方もいます。特によく言われているのはただのマグネシウムではなくイオン化マグネシウムを見たほうがいいと言われています。

 

 

 

そして片頭痛患者では血清のイオン化マグネシウム値が低いです。

 

片頭痛の予防としてマグネシウムを360〜600mg/日摂取することで改善しやすいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

また、少しでも読んでいただいた皆さんの役に立てたら嬉しいです!^_^

トレーニングなどに興味を少しでもお持ちの方はDr.トレーニング麻布十番店へお越し下さい!!

 

 

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

〒106-0045

東京都港区麻布十番3-7-5

decimo AZABU 1F/B1

>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
Dr.トレーニング麻布十番店 齋藤聖弥

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP