MENU
CONTACT

さらにフカボル時間栄養学〜麻布十番のパーソナルトレーニング〜

こんにちは!!

 

今回の担当は麻布十番店スタッフの平沼りこです!

今回は前回お伝えした、食事の内容ではなく、何時に何を食べるのが体にとってベストな食事なのかをお伝えしていきました。

 

 

前々回からお伝えしている内容は時間栄養学と言う分野でして、

ここまでだんだん深い内容に入ってきています。

 

そこで今回もこの時間栄養学の内容を深くお伝えしていきますね!!🌟

 

まず最初にお話しするテーマは、

 

食事の比率!!!!

 

食事の量ではなく、食事の質でもなく、朝昼晩の食事のベストな比率です!

 

ダイエットとなると、一般的にはまず考えることが食事の量。

 

量を減らす方法が食事制限ですよね。

 

次に食事の質も考えるようになると思います。

 

 

サラダにするのか、糖質を抜くのか、タンパク質を増やすのか。

 

 

散々今までお伝えしていきましたが、

ついに食事の比率まで考える時がきました…

 

ここまで本質を理解して食事ができるようになれば本当に素晴らしいことです…

 

 

朝:昼:夕のベストな割合は、4:3:3

 

次に、3:4:3

3:3:4

2:3:5

 

上から下にかけて良い順になっています!

 

 

夜の比率が上がれば上がるほど、夜型になり、

肥満になりやすくなってしまいます。

 

ちなみに、夕〜朝の絶食時間を増やす場合と朝食の比率を増やす場合で体内時計の進み具合を比較したところ、朝食の比率を増やしてしっかり食べるほうが脳は朝と認識するという結果も出ているそうです。

 

 

 

また、朝食べず、昼食べずの夜に大食いケースは、1週間も続けていると夜型になってしまいます…

 

その逆のちょこちょこ食いお腹がすいたら食べる、1日に6食ぐらいに分けて食べる食事法も1時期は「1日の総量が同じであれば食事回数を多くに分けて食べたほうがダイエットに効く」と宣伝されたこともありました。

 

 

しかしちょこちょこと回数を風やして食べていると、絶食時間が均等で短くなり、体内時計をほとんど動かすことができなくなってしまいます。

 

 

早い時間に夕飯が取れない場合の方法としては、分食する。と言う方法がおすすめです!!

 

 

例えば、仕事が夜遅くまで続き、夜中に夕飯になってしまうというパターン。

 

そういう場合は、19時ごろおにぎりやパンなど糖質をとります。

 

ここで糖質を摂る理由は、ご飯やパンなどの糖質は早くエネルギーになり、仕事の力になるからです。

 

そして仕事から帰ってきた22時、23時ごろに残りのおかずを食べる。

 

夕食の量を変えずに時間に合わせて分食していきましょう!!!

 

ここまでの3つのブログの内容を簡単にまとめると、

 

・朝食は高GI食品、夕食は低GI食品

・朝〜夕の絶食時間を長くする

・朝食の量を多くする

※夕食が遅くなる場合は分食

 

とりあえずこれだけ意識して生活していただくだけで、朝と夜の生活リズムが整い、

夜に食べたいという欲求がなくなり自然と痩せやすい食生活に変わっていきます!!!

 

 

食習慣を変えることはある意味リハビリだと思ってます…

 

食べる内容を食べる時間帯を考えればストレスや我慢も最小限にしてダイエットが可能です…

 

何から始めたら良いかわからない方…多いと思います😢

 

なので自分にあった食事改善方法を方がいらっしゃいましたら、

ぜひDr.トレーニング麻布十番にお越しください!✨

 

今回の内容は以上になります!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

〒106-0045 東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
麻布十番駅から徒歩3分

03-6435-2785

《営業時間》9:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

 

 

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP