MENU
CONTACT

生姜について

こんにちは!

麻布十番店の齋藤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

生姜の伝統的な民間療法

 

 

生姜は今では野菜だが元々生薬として利用されてきました。

 

中国では紀元前650年、インドでは紀元前500年には利用されていました。

 

・発散作用

 

・殺菌作用

 

・健胃作用(消化を助ける)

 

など

 

 

生薬の薬理効果

 

生姜は漢方薬の約7割に用いられています。

 

・吐き気、嘔吐止め(乗り物、つわり、手術後など)

 

・消化促進効果

 

・免疫力向上、熱産生、血行改善、発汗、冷え性改善、解熱

 

 

 

生姜の効能成分

 

 

・ジンゲロール

 

・ショウガオール

 

・ジンゲロン

 

 

まずショウガオールの効能とは?

 

ショウガオールはショウガを乾燥したり加熱したときにジンゲロールが脱水されてできる辛みの部分。

 

ショウガオールは、がん細胞の成長を阻害し、アポトーシスまたは細胞死を誘発する。

 

ショウガオールは、ジンゲロールよりも高い抗ガン作用を示し、抗酸化酸素グルタチオンを高める。

 

加熱によるショウガオールの増加量

 

・75℃→2.95倍

 

・100℃→4.85倍

 

・125℃→9.34倍

 

加熱によって抗炎症作用も増強する。

 

 

ショウガオールは、ジンゲロールに比べて身体を温める効果が高い。

 

 

 

ジンゲロールの効果とは?

 

 

ジンゲロールは、生のショウガに多く含まれています。

 

抗ガン、抗炎症、抗酸化作用などの作用があります。また、抗がん作用ではがん細胞に対するアポトーシス、細胞周期の調節、血管新生の阻害に関与します。

 

 

ジンゲロールは抹消の毛細血管を拡張させて、血流を促進する。末端冷え性には効果的であるが、身体の深部を冷やす解熱作用があるため深部を温めるにはショウガオールのほうがいいのではないかと思います。

 

 

まとめとして

 

・ショウガは末端冷え性や低体温の人には効果的

 

・深部を温めるにはショウガオールのほうが効果を発揮するため加熱または乾燥したショウガが良い

 

・生のショウガにはジンゲロールが多く含まれるため解熱などの薬理効果がある

 

是非、一日に数グラムで良いので試してみてください。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

また、少しでも読んでいただいた皆さんの役に立てたら嬉しいです!^_^

トレーニングなどに興味を少しでもお持ちの方はDr.トレーニング麻布十番店へお越し下さい!!

 

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

〒106-0045

東京都港区麻布十番3-7-5

decimo AZABU 1F/B1

>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
Dr.トレーニング麻布十番店 齋藤聖弥

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP