MENU
CONTACT

便秘解消法!!!〜麻布十番のパーソナルジム〜

こんにちは!

 

麻布十番店の平沼りこです!

 

今回は便秘についてお伝えしていきます!

 

便秘の下人は不規則な食事やストレスなど、ちょっとしたことで起きてしまうので

厄介ですよね…😢

 

 

まず、便秘とは何かをお伝えしていきます。

 

便秘とは、ベンの水分が少なくて固い状態で、排便に苦痛困難を伴う場合をいいます。

 

2〜3日ぐらい便が出なくても無理なく出れば便秘とは言いません!

 

 

 

医学的には、「排便が1週間に3回未満の状態」と定義されています。

 

 

一般に便秘と呼ばれるのは慢性便秘のことで、

「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」の2つに分類されます。

 

 

どちらの場合も頭痛や腹痛、腹部豊満感、食欲不振などの症状が現れます。

 

 

頑固な便秘の背後には、大腸がんなどの病気が隠れていることもあります。

 

 

次に2つの便秘について説明していきますね!!

 

まずは、弛緩性便秘とは大腸のの筋肉の緊張が低下したり、運動不足で排便機の王が低下するものです。

 

日本人の3分の2はこのタイプと言われております。

 

 

一方、痙攣性便秘とは大腸のある部分が痙攣を起こして収縮し、内容物の通過が障害されて起こります。

 

主に腸の神経障害が原因です。

 

 

日本人に多い弛緩性便秘は体質によるものから、神経障害、運動不足、ストレス、食事の量が少ないこと、植物繊維や水分不足による腸の刺激不足など、様々な要因が複雑に絡み合って起こります。

 

朝食を抜いたり、食事時間が少なかったりしても、腸のリズムが乱れて便秘しやすくなります。

 

 

一方、痙攣性便秘の原因としては、ストレスや過労などが考えられます。

 

 

ではここから、 便秘を解消するための食生活を紹介していきます!

 

まずは、1日3食、規則正しい食事をすること!

 

食事の量が少なすぎると便の量も減るので、1日3回きちんと食事をとります!

野菜、果物、海藻、豆などの食物繊維が多い食品を積極的にとり、水分も適量取ることが必要です!

 

水分は1日あたり約2リットルを勧めております。

 

もちろんこれは、水として取る分と、食事に含まれている水分も加算されるので、

毎日水を2リットル飲まないといけない。というわけではないです。

 

 

 

次に、腸を刺激する食べ物として植物繊維をとりましょう!!!

 

なぜ植物繊維かというと、植物繊維は消化されずに腸内細菌で発酵されて排泄されます。

 

 

や野菜、果物、海藻、豆類などの植物繊維が多い食品を積極的にとれば便がたくさん出るようになります。

 

ただし、痙攣性便秘の場合は控えましょう!

 

 

ガスの発生しやすいものを食べる。

 

いも、かぼちゃ、栗、豆、バナナなど、腸内で発酵してガスを発生したやすい食品をとると、腸が刺激されて腸の動きが活発になり、排便効果が高まります。

 

 

ただしこれも痙攣性便秘の場合は控えるようにしましょう!

 

 

以上で今回の内容を終了します!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

〒106-0045 東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
麻布十番駅から徒歩3分

03-6435-2785

《営業時間》9:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP