MENU
CONTACT

玄米は体に良いのか?

こんにちは!

麻布十番店の齋藤です。

 

 

 

 

 

 

結論として、優秀な全粒穀物です。

 

ただし、、、

 

以下に該当する方はあまりおすすめできません。

 

・胃腸が弱い方、消化不良気味の方

 

・菜食中心の方

 

・よく噛まない方

 

など

 

 

 

玄米のデメリットとは?

 

・消化があまり良くない

 

・フィチン酸

 

・アブシジン酸

 

・農薬やヒ素の残留

 

など

 

 

フィチン酸とは?

 

 

フィチン酸は、イノシトール6リン酸(IP6)と呼ばれる

 

主に穀物、豆類、種子やナッツ類に含まれます。

 

 

フィチン酸はミネラルやタンパク質と結合して安定した錯体を形成することが多いです。

 

 

フィチンであっても胃や腸でミネラルが解離するため、フィチン酸としての作用と変わらないと見て良いです。

 

解離したフィチン酸はミネラルと結合し、吸収効率を低下させます。

 

 

また、フィチンの悪影響を受けるのは偏食の人で極端な菜食主義などに多いことが明らかになっています。

 

 

 

フィチン酸の抗栄養素作用には、ビタミンC、発酵生成物、動物性タンパク質があります。

 

よってバランスの良い食事をしている人にはフィチン酸による弊害はあまり見られません。

 

 

フィチン酸の健康効果

 

・フィチン酸は強力な抗酸化物質である

 

・腎臓結石に対して予防効果がある

 

・結腸ガンに対して予防効果がある

 

 

 

アブシジン酸とは?

 

アブシジン酸は植物の種子の発芽を抑制する成分です。

 

 

アブシジン酸の健康効果として

 

アブシジン酸は人の糖質コントロールの恒常性に重要な役割を果たす成分です。

 

実は、人の脂肪細胞や免疫細胞、インスリン分泌細胞でも合成できます。

 

 

米国心臓協会の推奨はアブシジン酸297μg以上/日であり、アメリカ人の92%がアブシジン酸欠乏食をしていると発表しています。

 

アブシジン酸が欠乏することで心血管疾患や糖尿病の発症リスクとなります。

 

ですのでむしろ摂らないといけないのではないかと思っています。

 

 

最後に残留農薬などについてお話しませんでしたが無農薬栽培を選択することでかなり低減されますので選ぶ際はそちらを選択して頂ければと思います。

 

 

 

また、少しでも読んでいただいた皆さんの役に立てたら嬉しいです!^_^

トレーニングなどに興味を少しでもお持ちの方はDr.トレーニング麻布十番店へお越し下さい!!

 

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

〒106-0045

東京都港区麻布十番3-7-5

decimo AZABU 1F/B1

>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
Dr.トレーニング麻布十番店 齋藤聖弥

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP