MENU
CONTACT

メカニカルストレスの重要性

こんにちは!

麻布十番店の齋藤です。

 

 

 

 

誰しもトレーニングでは楽をして強くなりたいですよね。。。

 

しかし、根性論みたいになりますが楽をしたら強くなれないというのは

生理学的にも正論なのです、、、

 

筋肉が太くなるためには、メカニカルストレス、代謝環境、酸素環境、ホルモン、成長因子、筋繊維の損傷、再生などの要因があります。

 

この中で筋力トレーニングをする上で最も重視すべきなものはメカニカルストレスです。

 

メカニカルストレスとは、力学的な刺激のことです。

 

例:軽いものを持ち上げても筋力がつかない

 

しかし、最近の研究ではメカニカルストレスが強くなくても必ずしも筋肉を成長させる方法があることが分かってきていますが、筋肉に強い力を出させたり、大きなパワーを発揮させたりすることが目的の場合は、負荷強度の低いトレーニングをしても意味がありません。

 

 

良くない例として

 

楽にしてはいけないからと必要な刺激以外のストレスが過剰に強くなってしまうことはいけません。

 

きつかったり、しんどいなと感じることはいいのですが、呼吸が乱れ過ぎたりなどでは、負荷が強すぎるため良いトレーニングとは言えません。

 

トレーニング効果も低下してしまうため余計なストレスを体にかけないようにしましょう!

また、そのことでフォームが崩れたりし、負荷が集中的にかかってしまうことで怪我にも繋がります。

 

 

メカニカルストレスを高める方法

 

メカニカルストレスを高めるために、大きな筋力発揮と十分な伸張性収縮の発揮が必要です。

 

その中で今回は、エキセントリックについてご紹介します。

 

エキセントリックとは、伸張性収縮のことでベンチプレスでいうとバーを下ろすときの状態のことです。

 

重さが同じ場合、コンセントリックといった逆にバーを上げる動作よりもエキセントリックのほうがメカニカルストレスは強くなります。

 

なぜ変わるのか?

 

例:バーを上げる場合に100本の筋繊維を使ったとすると下ろすときには50本の筋繊維しか使わないといった現象が起きます。

 

それによりコンセントリックよりも2倍の負荷がかかることが分かります。

エキセントリックでは、筋繊維に対してのメカニカルストレスが大きいことが分かりますね。

 

続きは今後のブログで書いていきます!

 

 

最後にトレーニングに興味を少しでもお持ちの方はDr.トレーニング麻布十番店へお越し下さい!!

 

 

 

■Dr.トレーニング麻布十番店
一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

〒106-0045

東京都港区麻布十番3-7-5

decimo AZABU 1F/B1

>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
Dr.トレーニング麻布十番店 齋藤聖弥

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP