MENU
CONTACT

腹腔内圧について

こんにちは!

麻布十番店の齋藤です。

 

 

 

今回は、腹腔内圧についてお話していきたいと思います。

 

腹腔内圧とはその言葉通り、「腹腔内の圧力」です。

 

その腹腔内圧は、横隔膜・腹筋群・骨盤底筋群の働きによってコントロールされ

ています。

 

横隔膜が下降し、腹筋群と骨盤底筋群が共縮することにより腹腔内圧は上昇します。

腹筋が緩んだ状態で横隔膜が下降しても腹腔内圧はそれほど上昇しません。

 

 

腹圧を高めることでどんなメリットがあるのか?

 

 

腰椎骨盤帯が安定し、腰痛の改善や姿勢改善に影響があります。

 

腹圧が運動時にどのように関わっているかと言うと、例えばデッドリフトを行っているときは腹圧は強く上昇する必要があります。

 

腹腔内圧を高めることで、腰椎骨盤帯に付着する筋群が安定して力を発揮できる状態を作ることができます。

 

デッドリフトのようにバーを地面から持ち上げる際に腹圧が高まらない場合、腰部の怪我に繋がるリスクはかなり高いです。

 

歩いているときも胸郭や脊柱は小さい動きですが動いています。

 

デッドリフトのように腹圧を高めたとしたら胸郭や脊柱の動きが制限され、歩行が困難になるかと思います。

 

 

腹圧を高めて運動を行う際、胸郭や脊柱の動きも制限されます。

 

しかし、腹圧を高めることは必要です。

 

重いものを持ったりするときやつまずきそうになったとき腹腔内圧を使わないと怪我に繋がることでしょう。

 

 

歩行などの脊柱の動きが求められる運動を行う際には、腹腔内圧の上昇は最低限に抑える必要があります。

 

ウェイトトレーニングを行う際は、腹腔内圧を高めるエクササイズやトレーニングをします。

僕らのトレーニングでも腹腔内圧を高めるトレーニングは行っています!

 

腹腔内圧は高ければ高いほど良いということではなく、場面によって使えるようにすることがベストです!

もし、トレーニングに興味を少しでもお持ちの方はDr.トレーニング麻布十番店へお越し下さい!!

 

■Dr.トレーニング麻布十番店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉
03-6435-2785

〒106-0045

東京都港区麻布十番3-7-5

decimo AZABU 1F/B1

>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
Dr.トレーニング麻布十番店 齋藤聖弥

■Dr.トレーニング麻布十番店

麻布十番の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング麻布十番店〉

03-6435-2785

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-7-5 decimo AZABU 1F/B1
>麻布十番のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>麻布十番のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP